Graham Shinryu, Inc.の取り組み

2020年までにGraham Limited Coin(GLC)の世界流通を目指します

わたしたちは、2017年より活動をスタートいたしました。そして、掲げるビジョンに向かい2020年までの中期経営計画に基づいて活動しております。

2021年までのロードマップ 〜TIMELINE&FUTURE PLAN〜

2017
Nov
Graham Limited Coin 1,000,000,000枚発行、縁故募集開始
Dec
Graham Shinryu, INC.をアメリカ合衆国デラウェア州に設立
資本金 US 1000万ドル(JPY 10億円) 会社情報について
2018
Jan
実業プロジェクト発足
Feb
株式会社Gケミカルラボラトリーを設立 (詳細はGケミカルラボラトリーサイトへ
Feb
Graham Shinryu, INC.日本支社を設立 会社情報について
Apr
スーパーシリカ プレセール開始
Jun
モニタープロジェクト プログラム完成
Jewelry Graham ジュエリーグラハム フラッグショッププロジェクト
Jul
Graham Limited Coin プレセールによるICO開始
Jul
パラオ共和国 大統領府と会談
スーパーシリカ全国一斉販売開始
取引所名をGraham Central Stationに決定
Aug
パラオ共和国マルキョク州に取引所オープンの合意
Sep
Indie Squareによるホルダー取引開始
2019
Jan
Jewelry Graham インターネットショップオープン
Feb
Graham Limited Coin ICOを継続
Indie Squareによるホルダー取引継続
Mar
Graham Limited Coinの上場
May
Graham Central Stationを取引所として運用開始
2021
GLCとVISAとの提携推進

Graham Shinryuが展開する実業プロジェクト

1. Gケミカルラボラトリーによるプロジェクト

Grahamグループが30年来関わってきた健康産業の中でも非常に反響の高いシリカ=ケイ素を素材とした「スーパーシリカ」を全世界的に販売をし、その決済をグラハムコインに集約する事で実行プラスコインホルダーの増大を目指す事が出来ると確信しております。

スーパーシリカなどの詳細は、GケミカルラボラトリーのWebサイトをご覧ください。

https://gchemical.biz/

 

MOPPS(Motive Participate in monitor plan by Social media law)の法則を有効活用し、比較的ビジネスに参加しやすい「モニターメンバー」システムをランニングする事で多数のメンバーを獲得する事が可能です。

2. ジュエリーグラハムによるプロジェクト

経験則に基づくプロジェクトとして、ジュエリーの販売はGrahamグループにとって有効なものとなります。独自のルートを持つグラハムはインターネットショップによるジュエリー&アクセサリー販売を世界的に行う予定です。

イギリスのBrand Cabochonに起源を置くScandalo、クローンジュエリーを基本としたJEIQLO等をチャンネルとしてインターネットショップを展開すると同時にフラッグ店舗での小売も併せて推進します。

これらのプロジェクトもGLCを基本として行いますので流通は加速度的に伸びてゆくと思われます。