Graham Limited Coinについて

実業実態を持った仮想通貨
Graham Limited Coin(GLC)

仮想通貨Graham Limited Coin(GLC)立ち上げの背景
〜 世界の金融市場からみた仮想通貨の有効性 〜

世界の金融市場を包括的にみたときに、仮想通貨の有効性を裏付けることができます。

我々が着目した点は以下の2点です。

  • 世界人口の3分の1にあたる約24億人が銀行口座を持てない状況にある(さらに詳しく
  • 各国通貨の信頼性が損なわれている情勢がある(さらに詳しく

仮想通貨であれば、銀行口座を持つことなく、お金という価値の送金や貯蔵が可能になり、ハイパーインフレやデフォルトなど課題を抱える中央集権型の通貨概念を打ち破ることができると考えています。

THE VISION OF Graham Limited Coin(GLC)

VISION Ⅰ 決済について

Graham Limited Coinはビットコインのブロックチェーンシステムを有効活用してハッキングや流出等のトラブルを未然に防ぐ事の出来る仮想通貨です。未だ完全に整備されていない仮想通貨ですが、ビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン等に続く気鋭のアルトコインとして実装を行います。 また、Graham Limited Coinで買い物の出来るグラハムグループの実店舗も同時開拓中です。

詳しくは、グラハムグループの展開するプロジェクトについてをご覧ください。

即時支払を可能する技術と2020年に実現を目指すGLC流通網
 

POSやオンラインで仮想通貨を受け付ける店舗はごく僅かなため、消費者は買い物の際、仮想通貨を現地通貨に交換する必要があります。

この際に既存の取引所を通すため時間がかかり、またかなりの手数料がかかります。小売がビットコインを決済出来るように製品の製造をした企業もありますが、現在は限られた店舗しか利用出来ません。

 

実際にビットコインを送金した場合、取引自体は一瞬で完了します。 しかし、送金が完了してもそのお金を使うには、少なくとも10分程待たなければなりません。

 

ビットコインは送金等全てのお金の動きがブロックチェーンで管理されています。現在であれば0.0002BTC~0.0005BTCを払うと優先的に承認を済ます事が可能です。とはいえ、実店舗の支払に10分の承認時間がかかるのは有利ではありません。

この問題を解決するためにKO承認トランズアクションが開発されました。この承認トランズアクションを使用すると実店舗でも即時支払が可能となります。

 

GLCはカウンターパーティからビットコインを経由して現金化が可能になると同時に、2年後にはVISA、MASTERと提携をして更なる通貨の流通を目指します。

VISION Ⅱ 実装と実業について

Graham Limited Coin(GLC)は安全にお金を保管し、スマートフォンから瞬時に送金、買い物をする事が出来ます。

 

ベネズエラの仮想通貨ペトロの担保は埋蔵されている原油とニコラス・マドゥロ大統領は述べています。GLCの担保は、実業のプロジェクトとなります。

 

グラハムシンリュウインコーポレイテッドは単にグラハムコインを発行し運営するだけではなく、世界に流通する通貨としてその上場までの時間を大幅に短縮しホルダーメンバーを増やす事を考えています。その為の実行スキルとして2つのプロジェクトを同時に推進していきます。

TOKEN GENERATION EVENT トークン生成イベントについて

Graham Limited Coinプラットフォームのさらなる開発、発展促進のためにGLCは全トークン28億のうち20億を販売に提供するトークン生成イベントを行います。

GLC販売の収益はマーケティング、ソリューション開発、仮想通貨の交換運用に使用され、残りは流動性プールリワード及びGraham Shinryu INC.プロジェクトのために留保されます。


実業を介したGLCの流通

  • 71.4% トークンセールにて一般販売
  • 13.6% 将来の取引コストや流動性を担保し、流通の拡大に向けてGraham Shinryu INC.によって保管されます。
  • 12% 創立メンバーへ
  • 5% トークン販売の諸費用へ